コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キプチャク・ハン国 キプチャク・ハンこくKipchak Khanate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キプチャク・ハン国
キプチャク・ハンこく
Kipchak Khanate

欽察汗国とも記される。 13世紀中頃モンゴル人によって東ヨーロッパ,中央アジアに建設された国。金帳汗国 Golden Horde,ジュチ・ウルスとも呼ばれる。創建者はチンギス・ハンの孫バトゥ (抜都) で,首都は最初にサライ・バトゥ (現アストラハン付近) ,のちにサライ・ベルケ (現ボルゴグラード付近) 。 14世紀のなかば,ロシアの諸侯を支配下において全盛時代を迎えたが,モスクワ大公国の発展とともにその支配力は弱まり,1380年のクリコボの戦いでロシア軍により決定的な打撃を受けた。 14世紀末チムール (帖木児) に攻撃され,クリム・ハン国シビル・ハン国が分立し,国力は次第に衰え,16世紀初めに滅亡。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キプチャク・ハン国
きぷちゃくはんこく
Kipchak khante

チンギス・ハンの長子ジュチの一門が南ロシア・キプチャク草原を中心に形成した遊牧国家。ジュチ・ウルスJchi ulusともいう。また宗家のバトゥ家の帳幕の色にちなんで、金帳ハン国ともよばれる。チンギス・ハンは諸子弟分封のおり、ジュチには右翼(西方)にあたるアルタイ北西部、イルティシ川流域を与え、それ以西の地の征服を命じた。その次子バトゥは太宗オゴタイの命で西征軍の主将となり、父の遺志を継いでロシアを征服、東ヨーロッパを席巻(せっけん)した。帰途ジュチの諸子は新領土にとどまり、その結果、ボルガ川河口あたりのサライを中心に西方領に拠(よ)るバトゥ系、イルティシ川、カザフスタンの東方領を抑える長兄オルダの系統(白帳ハン国)、およびウラル川東方の中央部に散居するシェイバンら諸子の系統(青帳ハン国)の3集団に分かれ、巨大な半独立の所領を形成した。支配者のモンゴル人は初封時の四つの千人隊だけであり、被支配民の大半はキプチャク、ブルガルなどのトルコ系であったため、急速にトルコ化した。反面、モンゴル固有の制度、習慣を捨てることなく遊牧生活を堅持して、属領ルス(ロシア)に対しては租税を徴収するのみで満足した。バトゥはオゴタイ系と対立し、トゥルイ家の憲宗モンケを擁立して事実上の独立を得た。バトゥの弟ベルケ以降、イランのフラグ家との確執が続き、エジプトのマムルーク朝と結んだ。のちティームールとも争い、しだいに弱体化して1502年に滅んだ。[杉山正明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キプチャク・ハン国の関連キーワードブルガールの歴史的考古学的遺産群マング・チムール(忙哥帖木児)アレクサンドル・ネフスキーウズベク・ハン(月即別汗)アブー・サイード(不賽因)エル・テムル(燕鉄木児)アバカ・ハン(阿八哈汗)イワン1世(カリタ)アストラハン・ハン国イワン3世(大帝)ウルジャーイトゥーアク・ナザル・ハンキプチャク大草原シャイバーニー朝ジョチ(朮赤)ウズベク・ハンカザン・ハン国モスクワ大公国ワシーリー1世クリコボの戦い