コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダルハン Darhan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダルハン
Darhan

モンゴル北部,セレンゲ州に囲まれた特別市ウラーンバートル北方 230km,オルホン川の支流ハラー川にのぞむ。ウラーンバートルに次ぐ同国第2の工業都市。まったくの原野に 1964年以来コメコン加盟諸国の援助で建設された。建設,建材,食品,飼料などの工場があり,国の工業生産の多くをになっている。人口8万 100 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ダルハン

モンゴルの新興工業都市であり特別市。ウランバートル北方,オルホン川の右岸にある。人口は首都ウランバートルに次いで第2位。付近にはシャリンゴル炭田があり,石炭を基礎に工業・エネルギー基地として急速に発展,セメント,煉瓦,被服などの工場がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ダルハン【Darkhan】

モンゴル中北部の工業都市。人口も首都ウラン・バートルについで第2位の8万7000(1996)で,特別市。同市南方のシャリンゴル鉱山で産出される石炭を基礎に,1960年代ソ連邦の援助のもとに工業・エネルギー基地として急速に発展した。食品・飼料コンビナート,羊毛・建設原材料などの工場群がある。隣接のエルデネト特別市とともに,モンゴルにおける最も重要な工業地帯となっている。【中見 立夫】

ダルハン【Darkhan】

内陸アジア遊牧民社会における一種の特権的身分,称号突厥(とつくつ)等のトルコ系民族のTarkhan,中国語の〈達官〉と関連あるようである。歴史的に重要なのは,モンゴル帝国,元朝時代のダルハンであり,軍事的,行政的に大功を立てた者がこの称号を与えられ,彼らの多くは別に所領官職をもちながら,国税を免がれ,獲得した戦利品,巻狩の獲物を皇帝に差し出さずに処分でき,9回までの犯罪は処罰されないなどの特権を享受した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダルハン
だるはん
Darkhan

モンゴル北部、同国第三の都市。首都ウランバートルの北北西188キロメートルに位置する。人口6万5791(2000)。1961年以来、COMECON(コメコン)(経済相互援助会議)諸国の援助を得て新工業基地として同名の集落に接して建設された。現在はウランバートル、エルデネト(銅モリブデン・コンビナートがある)と並んでモンゴルを代表する工業都市である。モンゴルとロシア連邦を結ぶ鉄道が通り、また東のシャリンゴル炭田、西のエルデネトとも鉄道で結ばれている。火力発電所や建設資材、れんが、セメント、毛皮、食肉などの工場がある。[吉田順一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ダルハンの関連キーワードエル・テムル(燕鉄木児)パイリンミヤオ(百霊廟)ボオルチュ(孛斡児出)シュルガチ(速児哈赤)アマルバヤスガラント寺ハラハスン(哈剌哈孫)ボロフル(孛羅惣勒)チラウン(赤老温)ダルハンムミンガンムハリ(木華黎)ナツァグドルジオルホン[川]オロン・スムバインオボ綏遠事件パオトウ百霊廟

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android