専権(読み)センケン

デジタル大辞泉の解説

せん‐けん【専権】

好き勝手に権力をふるうこと。擅権(せんけん)。「地方豪族の専権
その物事を思いのままにできる権利。「人事権は会社の専権事項だ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せんけん【専権】

権力をほしいままにすること。擅権せんけん。 「政府の-横暴」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せん‐けん【専権】

〘名〙
① 権力をほしいままにすること。かってに権力をふるうこと。擅権(せんけん)
※読史余論(1712)一「五十六代清和、幼主にて、外祖良房、摂政す。是、外戚専権の始」 〔史記‐斉太公世家〕
② ある事を自由に行なうことができる権利。
※毎日新聞‐治三七年(1904)二月九日「韓国に於ける改革及善政のため助言及助力を与ふるは、日本の専権に属することを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

専権の関連情報