忠武(読み)ちゅうぶ

日本大百科全書(ニッポニカ)「忠武」の解説

忠武
ちゅうぶ / チュンム

韓国(大韓民国)、慶尚南道南海岸の中央に突出した統営半島の南端にあった旧市名。1955年、市に昇格。95年、営郡と統合し、統営市となった(統営市の面積236.51平方キロメートル、人口12万3747、2000)。旧武市街地は温暖多雨の気候で、沿岸付近の島々の交通要地であり、沿海の漁業の中心漁港ともなっている。沿岸はカキその他の貝などの養殖場が多い。貝殻の螺鈿(らでん)細工の机、たんす、花瓶などの民芸品はこの地方の特産物である。観光地としても発展していて、閑麗(かんれい)海上国立公園、南望山公園、17世紀の初めに創建された洗兵館、海底トンネル(461メートル)、制勝堂などがある。

[張 保 雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「忠武」の解説

ちゅうぶ【忠武 Ch‘ungmu】

韓国,慶尚南道南部海岸の都市で,1997年旧名の統営に改称。人口14万2759(1995)。固城半島の先端に位置し,島々によって風波から守られた天然の良港,忠武湾を抱き,漁業,海上交通の要衝として発達した商業都市である。文禄の役(壬辰の乱)のとき大海戦の戦場となり,以来水軍の本拠地となった。長く統営とよばれていたが,1955年水軍の将李舜臣の号をとり忠武市となり,のち古名に戻った。漁業のほか缶詰などの食品工業があり,それに特産物の螺鈿,漆器でも知られている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android