コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

后妃 コウヒ

デジタル大辞泉の解説

こう‐ひ【后妃】

《「」は第一位のきさき、「」はその次位》天子・天皇の妻。きさき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうひ【后妃】

王侯の妻。きさき。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の后妃の言及

【後宮】より

…《礼記(らいき)》昏義に,古代には皇后が六宮を建て,3夫人,9嬪,27世婦,81御妻をひきいて内治をつかさどり,婦徳を明らかにしたとあり,後世の後宮制度の規範となった。後宮には后妃のほか,女官や宦官,賤民などが属して,宮中の職務や使役に従事した。その員数や名称は時代によって異なるが,唐制によれば,後宮の人的構成は,内官・宮官・内侍省の3部より成る。…

【皇后】より


【日本】
 天皇の嫡妻。上古には天皇の妻室である后妃をキサキといい,その最上位者を〈大后〉すなわちオオキサキと称したが,中国の制に倣ってからこれを皇后と称した。《令義解》は皇后に〈天皇之嫡妻〉と注しているが,のちには天皇と配偶関係のない皇后が置かれたこともある。…

【後宮】より

…《礼記(らいき)》昏義に,古代には皇后が六宮を建て,3夫人,9嬪,27世婦,81御妻をひきいて内治をつかさどり,婦徳を明らかにしたとあり,後世の後宮制度の規範となった。後宮には后妃のほか,女官や宦官,賤民などが属して,宮中の職務や使役に従事した。その員数や名称は時代によって異なるが,唐制によれば,後宮の人的構成は,内官・宮官・内侍省の3部より成る。…

※「后妃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

后妃の関連キーワード新待賢門院(1)江都督納言願文集長谷寺霊験記新待賢門院新上東門院手白香皇女名代・子代北堂書鈔女史箴図中和門院青綺門院景陽の鐘和珥氏清和院磯長谷清やか高麗史奉陵邑全唐詩東九陵

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android