コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エレスド遺跡 エレスドいせきErösd

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エレスド遺跡
エレスドいせき
Erösd

ルーマニアにある新石器時代の遺跡。アリウシュドとも呼ばれる。全部で7層が確認され,最上層を除いては,ククテニ文化に属することが明らかになっている。これらの文化層からは彩文土器が出土しており,またククテニ文化の各時期を代表する遺物を出土している。最上層は青銅器時代への移行を示す層であり,エレスドにおけるククテニ文化の最後の様相を示している。ここからは金属製の斧などが出土している。この最上層にはティサポルガール文化との類似が指摘されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のエレスド遺跡の言及

【ククテニ文化】より

…トリポリエ文化の前期はルーマニアでは先ククテニ文化と呼ばれ,ウクライナと同じ篦で描いた曲線文土器もあるが,多いのは暗灰色の磨研土器である。エレスド遺跡はトランシルバニア山脈の南西に位置し,ククテニ文化の中心からは離れているが,最も精密に調査された遺跡である。赤地に白文様の彩文土器が最下層で出土し,これをククテニA期とよぶ。…

※「エレスド遺跡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android