コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エロア Jean‐Claude Eloy

世界大百科事典 第2版の解説

エロア【Jean‐Claude Eloy】

1938‐
フランスの作曲家。1953‐61年,パリ音楽院で作曲をミヨーに学んだのち,61‐62年,バーゼル音楽学校でブーレーズに師事。63年,ダルムシュタット国際現代音楽夏期講習で,ブーレーズの指揮で初演された18楽器のための《エキバランス》によって注目された。この作品はポスト・ウェーベルン風だが,その後東洋の音楽に強い関心を示し,そうした傾向の作品を生みだしていく。72‐73年にかけてケルンのWDR電子音楽スタジオで作曲した《シャンティ》や,75年に東京に滞在して,NHK電子音楽スタジオで制作した《楽の道》という演奏時間4時間20分を要するテープ作品などは,こうしたユニークな作風をみせる作品である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

エロアの関連キーワードサン・フィリベール聖堂[トゥールニュ]対日経済援助[アメリカ合衆国]ガリオア・エロア資金返済問題対日援助見返資金特別会計シャロンシュルソーヌガリオア・エロア基金フォントブローラベイガリオア・エロア資金シャルネ・クラスプソリュートレ遺跡産業投資特別会計モンソーレミーヌEROA 資金ガリオア基金アゼルリドーガリオア資金シュノンソーGARIOAルクルーゾーブルゴーニュ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android