コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンカウスティック 〈ドイツ〉Enkaustik

デジタル大辞泉の解説

エンカウスティック(〈ドイツ〉Enkaustik)

古代ギリシャ・エジプトなどで行われた絵画の技法。また、その絵。蝋(ろう)で溶いた顔料で描き、熱で基底材に顔料層を定着させるもの。蝋画

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

エンカウスティック【Enkaustik】

古代エジプト、ギリシャ・ローマ時代に行われた絵画技法。蠟ろうを溶かして顔料とまぜ、熱いうちに塗りつけて定着させたもの。焼き付け画。蠟画。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エンカウスティック
えんかうすてぃっく
encaustic英語
Enkaustikドイツ語

(ろう)で溶いた絵の具で描き、熱を加えて基底材に絵の具層を固定する絵画技法、あるいはそのような絵画。「焼き付ける」ことを意味するギリシア語のエンカウスティコスenkaustikosに由来する。したがって、最後に熱を加えて「焼き付けて」仕上げる技法を省略した蝋画は、厳密にはエンカウスティックとはいえない。この技法の起源は古代ギリシア時代にさかのぼり、単に絵を描くためだけではなく、工芸品の絵付けや船の塗装などにも使用されていた。エンカウスティック絵画は、精製した蜜蝋(みつろう)をメディウム(媒材)に用い、熱くした金属製のパレットの上で絵の具を液状に保ち、筆やへらを使って制作された。描き終わったのち、画面を上にして平らに置き、上部から熱を加えて絵の具のタッチが緊密に融合する程度に溶かし、滑らかな絵の具層をつくりあげて完成された。現存する古代のエンカウスティック絵画としてもっともよく知られているのは、エジプトのファイユームで数多く発見されているミイラの棺の肖像画である。[長谷川三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

エンカウスティックの関連キーワードビザンティン美術長谷川三郎蝋画・蠟画ジョーンズ絵の具油絵

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android