コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンカウスティック エンカウスティック 〈ドイツ〉Enkaustik

3件 の用語解説(エンカウスティックの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

エンカウスティック(〈ドイツ〉Enkaustik)

古代ギリシャエジプトなどで行われた絵画の技法。また、その絵。蝋(ろう)で溶いた顔料で描き、熱で基底材に顔料層を定着させるもの。蝋画。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

エンカウスティック【Enkaustik】

古代エジプト、ギリシャ・ローマ時代に行われた絵画技法。蠟ろうを溶かして顔料とまぜ、熱いうちに塗りつけて定着させたもの。焼き付け画。蠟画。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エンカウスティック
えんかうすてぃっく
encaustic英語
Enkaustikドイツ語

(ろう)で溶いた絵の具で描き、熱を加えて基底材に絵の具層を固定する絵画技法、あるいはそのような絵画。「焼き付ける」ことを意味するギリシア語のエンカウスティコスenkaustikosに由来する。したがって、最後に熱を加えて「焼き付けて」仕上げる技法を省略した蝋画は、厳密にはエンカウスティックとはいえない。この技法の起源は古代ギリシア時代にさかのぼり、単に絵を描くためだけではなく、工芸品の絵付けや船の塗装などにも使用されていた。エンカウスティック絵画は、精製した蜜蝋(みつろう)をメディウム(媒材)に用い、熱くした金属製のパレットの上で絵の具を液状に保ち、筆やへらを使って制作された。描き終わったのち、画面を上にして平らに置き、上部から熱を加えて絵の具のタッチが緊密に融合する程度に溶かし、滑らかな絵の具層をつくりあげて完成された。現存する古代のエンカウスティック絵画としてもっともよく知られているのは、エジプトのファイユームで数多く発見されているミイラの棺の肖像画である。[長谷川三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エンカウスティックの関連キーワードエジプト音楽ギリシャ語エジプト鼠エジプト綿チャリオットエジプトはナイルの賜エジプト土稲子古代エジプト語エジプト風オストラカ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone