媒材(読み)ばいざい

精選版 日本国語大辞典 「媒材」の意味・読み・例文・類語

ばい‐ざい【媒材】

〘名〙
媒介となる材料。なかだちの役をする材料。比喩的にも用いる。
ジッドの死をきいて(1951)〈桑原武夫〉「すべて文学は言語というシンボルを媒材(バイザイ)とする以上」
② 絵具を溶く溶剤。水彩絵具を溶く水、油絵に用いられるテレビン油などのほか、動・植・鉱物性の多種類の物質が、目的(顔料、素地の種類)に応じて用いられている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「媒材」の意味・読み・例文・類語

ばい‐ざい【媒材】

媒介となる材料。
絵の具をとく溶剤。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

侍ジャパン

国際野球試合における野球日本代表の愛称。SAMURAI JAPAN(サムライ・ジャパン)とも記される。国際野球連盟(IBAF)主催・公認の各種大会・試合に出場し、オリンピックでは1984年のロサンゼル...

侍ジャパンの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android