長谷川三郎(読み)はせがわさぶろう

日本大百科全書(ニッポニカ)「長谷川三郎」の解説

長谷川三郎
はせがわさぶろう
(1906―1957)

洋画家山口県長府(現下関(しものせき)市)生まれ。ほどなく一家は神戸に移住。高校時代に大阪の信濃橋(しなのばし)洋画研究所に入り、小出楢重(こいでならしげ)に師事する。1929年(昭和4)東京帝国大学文学部美学美術史学科を卒業し、同年アメリカを経てヨーロッパ各国へ遊学。サロン・ドートンヌに出品、抽象絵画の洗礼を受けて32年帰国した。同志と新時代洋画展を結成、さらに37年自由美術家協会創立するが、しだいに茶道、禅、俳句、写真に関心を移す。第二次世界大戦前から抽象絵画を制作し、戦後は木版、拓版、水墨の作品を多く制作している。54年(昭和29)日米抽象美術展の代表として渡米し、翌年一時帰国後、サンフランシスコ美術大学客員教授として再渡米、昭和32年3月11日同地で客死。代表作に『(ちょう)の軌跡』『狂詩曲漁村』『自然』『天体と人』ほかがある。

[小倉忠夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「長谷川三郎」の解説

長谷川三郎 はせがわ-さぶろう

1906-1957 昭和時代の洋画家。
明治39年9月6日生まれ。小出楢重(こいで-ならしげ)に師事。昭和12年自由美術家協会を結成し,以後一貫して抽象画を発表した。代表作に「蝶(ちょう)の軌跡」「交響詩,晴日」など。昭和32年3月11日サンフランシスコで死去。50歳。山口県出身。東京帝大卒。著作に「アブストラクト・アート」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「長谷川三郎」の解説

長谷川三郎【はせがわさぶろう】

洋画家。山口県生れ。東大文学部卒。高校生のとき小出楢重に学ぶ。1937年自由美術家協会を創立。1955年から米国の大学で東洋美術を講義した。モンドリアンカンディンスキーの理論的影響により,早くから抽象表現を試み,戦後は書道水墨画などの手法も採用。著書に《アブストラクト・アート》など。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「長谷川三郎」の解説

はせがわ‐さぶろう【長谷川三郎】

洋画家。山口県出身。神戸で育つ。東京帝国大学文学部卒。昭和一二年(一九三七)同志と自由美術家協会を結成。日本における抽象絵画の先駆者の一人。代表作「蝶の軌跡」。明治三九~昭和三二年(一九〇六‐五七

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「長谷川三郎」の解説

はせがわ‐さぶろう〔はせがはサブラウ〕【長谷川三郎】

[1906~1957]洋画家。山口の生まれ。日本における抽象絵画の先駆者の一人で、自由美術家協会の設立に参加。また、海外への日本の前衛美術の紹介にも努めた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「長谷川三郎」の解説

はせがわさぶろう【長谷川三郎】

1906‐57(明治39‐昭和32)
洋画家。山口県長府町に生まれる。1929年東京帝国大学文学部美学美術史学科を卒業。それ以前に大阪の信濃橋洋画研究所に入り,小出楢重に洋画を学んでいる。29年から32年まで欧米に遊学し,滞仏中の30年にサロン・ドートンヌに入選した。帰国後二科展に出品したが,34年新時代洋画展を興し,37年には村井正誠山口薫,浜口陽三らと自由美術家協会を結成,以後同協会展に抽象絵画を発表し,日本における抽象絵画発展に大きな役割を果たした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android