コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エーケレーブ

百科事典マイペディアの解説

エーケレーブ

スウェーデンの詩人。東洋語学を学び,オリエントの神秘主義とフランスのシュルレアリスムなどの影響を受けた。処女詩集はモダニズム風の《おそく地上に》(1932年)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

エーケレーブの関連キーワードスウェーデン文学スウェーデン北欧文学

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android