オアシスの道(読み)おあしすのみち

  • oasis-route

旺文社世界史事典 三訂版の解説

中央アジアのオアシスを連ねる交易路。別名絹の道(シルク−ロード)
中国からトルキスタン・イラン高原・メソポタミアを通る,東西の文明圏を最短距離で結ぶ道。この交易路の利益をねらう遊牧民介入も多くみられるが,8世紀以降イスラーム勢力が進出し,その支配下にはいった。イスラーム勢力の拡大に伴い,アフリカも含めた,三大陸にまたがる交易路が成立した。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内のオアシスの道の言及

【シルクロード】より

…定住地帯のオアシス諸都市を結ぶ交通路である。オアシスの道,オアシス・ルートなどと呼ばれ,漢の張騫(ちようけん)の西使以後,特に盛んに利用されるようになった。本来の,狭義のシルクロードはこのルートを指す。…

※「オアシスの道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android