コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オウェンド Owendo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オウェンド
Owendo

ガボン北西部,大西洋のギニア湾にのぞむガボン三角江北岸の港町。リーブルビル南東郊約 15kmに位置。 1974年に深水港が完成。トランスガボネ鉄道の起点で,東方の木材開発の中心地ボーウェ鉄鉱石産地のベリンガ,ならびに南東方のマンガン,ウラン開発の中心地マスクと結ばれており,重要な輸出港となっている。輸出用木材,鉄鉱石の加工業が行われ,技術学校がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

オウェンド(Owendo)

ガボン西部の都市。首都リーブルビルの南西郊に位置し、同国有数の港湾がある。内陸部とトランスガボン鉄道で結ばれ、木材、マンガン鉱の積出港として発展した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

オウェンドの関連キーワードフランスビルメカンボモアンダ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android