オオギハクジラ(扇歯鯨)(読み)オオギハクジラ(英語表記)Stejneger’s beaked whale

世界大百科事典 第2版の解説

オオギハクジラ【オオギハクジラ(扇歯鯨) Stejneger’s beaked whale】

ハクジラ亜目アカボウクジラ科の哺乳類は下顎中央付近に1対あり,扁平で大きく,成熟したでは長さ15cm,幅10cm,厚さ2.5cmあるのでこの名がある。オオギハクジラ属12種の一つで北太平洋に分布する。本属の種類はいずれもまれな種類であり,ときおり海岸に漂着する死体から生物学的知見を得るのみである。現在知られている最大個体は,雌雄とも5.25mで,外形アカボウクジラに似るが,背面は灰黒色で下面は淡色,体は左右に扁平である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android