コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオギハクジラ(扇歯鯨) オオギハクジラ Stejneger’s beaked whale

1件 の用語解説(オオギハクジラ(扇歯鯨)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オオギハクジラ【オオギハクジラ(扇歯鯨) Stejneger’s beaked whale】

ハクジラ亜目アカボウクジラ科の哺乳類。歯は下顎中央付近に1対あり,扁平で大きく,成熟した雄では長さ15cm,幅10cm,厚さ2.5cmあるのでこの名がある。オオギハクジラ属12種の一つで北太平洋に分布する。本属の種類はいずれもまれな種類であり,ときおり海岸に漂着する死体から生物学的知見を得るのみである。現在知られている最大個体は,雌雄とも5.25mで,外形はアカボウクジラに似るが,背面は灰黒色で下面は淡色,体は左右に扁平である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オオギハクジラ(扇歯鯨)の関連キーワードマッコウクジラ赤坊鯨小鰯鯨克鯨座頭鯨背美鯨槌鯨歯鯨鬚鯨真巨頭

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone