オオサクラソウ(読み)おおさくらそう

日本大百科全書(ニッポニカ)「オオサクラソウ」の解説

オオサクラソウ
おおさくらそう / 大桜草
[学] Primula jesoana Miq.

サクラソウ科(APG分類:サクラソウ科)の多年草は高さ約20センチメートル、短い根茎があり、長い柄のある葉が数枚根際につく。葉は掌状に7裂し、縁(へり)に粗い鋸歯(きょし)があり、基部は心臓形で柄につながる。7月ごろ葉の間から30センチメートルほどの茎を立て、茎頂に紫紅色花を数個輪状につける。花はサクラ形でがあり、径約1.5センチメートル。本州北部の高山から北海道に自生し、日の当たる湿性地に群生することが多い。茎、葉ともに有毛のものが普通であるが、北海道にはことに毛深い系統の変種があり、エゾオオサクラソウとよばれる。

[鳥居恒夫 2021年3月22日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオオサクラソウの言及

【サクラソウ(桜草)】より

…温帯の沢沿いの岩壁(イワザクラP.tosaensis Yatabe),落葉樹林下(カッコソウP.kisoana Miq.),湿地(サクラソウP.sieboldii E.Morren)などに生育している。ほかにもオオサクラソウP.jesoana Miq.,コイワザクラP.reinii Fr.et Sav.やその地方に特異的な変種も多く分化している。【井上 健】 これらのうち,日本のサクラソウを代表する種はサクラソウP.sieboldii(イラスト)で,北海道から九州までの四国を除く各地の高原,原野に広く分布し,朝鮮半島から中国東北部へかけても分布する。…

※「オオサクラソウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android