コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオバノトンボソウ おおばのとんぼそう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオバノトンボソウ
おおばのとんぼそう / 大葉蜻蛉草
[学]Platanthera minor (Miq.) Reichb. f.

ラン科の多年草。塊根は紡錘状に肥厚する。花茎は高さ30~60センチメートル。葉は4枚ないし十数枚、茎に互生する。6月から7月に、頂生の花序に黄緑色の径1センチメートルほどの花を10~30個つける。1センチメートルくらいの細長い距(きょ)がある。関東地方以西の暖地の林下に生え、さらに中国にも分布する。[井上 健]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオオバノトンボソウの言及

【ツレサギソウ】より

…ホソバノキソチドリP.tipuloides Lindl.の群は花の黄色味が強く,亜高山帯の湿原に群生する。そのほか,ブナ帯の林床にジンバイソウP.florenti Fr.et Sav.,低山の林床にオオバノトンボソウP.minor (Miq.)Reichb.f.(ノヤマトンボ),湿原に花の白いミズチドリP.hologlottis Maxim.などが比較的多くみられる種類である。【井上 健】。…

※「オオバノトンボソウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

オオバノトンボソウの関連キーワード井上

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android