コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塊根 かいこんtuberous root

大辞林 第三版の解説

かいこん【塊根】

サツマイモ・ダリアのように根が塊状に肥大し、デンプンなどを貯蔵したもの。 → 塊茎

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塊根
かいこん

植物の根が肥大して養分を蓄える働きをする貯蔵根をさすが、普通は紡錘形のいもの形となるものをいう。不定芽をつくって栄養生殖を行うものが多い。カラスウリ、サツマイモ、ダリアなどでみられる。これらの根は二次肥大し、二次木部のほとんどを占める柔細胞の中に養分を蓄える。
 貯蔵養分は糖類が普通で、サツマイモのようにデンプンであることが多く、ダリアではイヌリンである。[西野栄正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の塊根の言及

【球根】より

…シクラメン,カラジウム,グロキシニア,アネモネなど。(4)塊根tuberous root 根に養分を蓄えていも状に肥厚したもの。ダリア,ラナンキュラスなど。…

【根】より

…根には柔組織が比較的よく発達しているが,その細胞にデンプンが貯蔵されていることが多い。養分の貯蔵が異常に発達したものが貯蔵根storage rootで,アブラナ科のものでは胚軸と主根の基部がよく発達するし,サツマイモでは根(塊根tuber)そのものが肥大している。根が地上に現れたものを気根といい,通気のはたらきをするものもある。…

※「塊根」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

塊根の関連キーワード山の芋・薯蕷・藷蕷タピオカデンプン地下デンプン相似(生物)ノビネチドリツルドクダミクズ(葛)キャッサバプエラリアムカゴソウ付子・附子コロンボ根ヤラッパアピオスカシュウ苦何首烏貯蔵組織デンプン何首烏芋タピオカ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android