コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オガサワラゼミ

百科事典マイペディアの解説

オガサワラゼミ

半翅(はんし)目セミ科の1種。小笠原諸島特産する。国の天然記念物

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オガサワラゼミ
おがさわらぜみ / 小笠原蝉
[学]Meimuna boninensis

昆虫綱半翅(はんし)目同翅亜目セミ科Cicadidaeに属する昆虫の一種。ツクツクボウシを大きくしたような種で、体長33ミリメートル内外。胸部背面は黒色の地に緑褐色紋がある。雄の腹弁は長円形。小笠原(おがさわら)諸島(父島列島、母島列島)特産で、1970年(昭和45)に国の天然記念物に指定された。5~12月に出現し、人家付近の林にとくに多い。琉球(りゅうきゅう)諸島に広く分布するクロイワツクツクに形態および生態がきわめてよく似ており、琉球諸島からの人為的移入説もある。[林 正美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のオガサワラゼミの言及

【ツクツクホウシ】より

…遠くから合唱音を聞くと2種のセミが鳴いているようである。そして,小笠原諸島にはオガサワラゼミM.boninensisが知られる。形,声ともクロイワツクツクによく似ている。…

※「オガサワラゼミ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オガサワラゼミの関連キーワードクロイワツクツクツクツクボウシセミ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android