コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オキタナゴ おきたなご

1件 の用語解説(オキタナゴの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オキタナゴ
おきたなご / 沖
[学]Neoditrema ransonneti

硬骨魚綱スズキウミタナゴ科に属する海水魚。函館(はこだて)以南の日本と朝鮮半島南部の沿岸に分布する。背びれと臀(しり)びれの棘条(きょくじょう)が軟条より短いことが大きな特徴である。近縁種のウミタナゴに似ているが、やや小形で全長15センチメートルほどにしかならず、体色もウミタナゴより濃褐色。また体も低く、尾びれも長いことで区別される。卵胎性で、初夏に20尾ほどの幼魚を産む。北日本ではウミタナゴと同様に浅場の岩礁域に生息するが、中部地方以西ではウミタナゴより深い場所にすむので、多くは漁獲されない。晩秋に美味で、東北地方ではやや高価で取引される。[井田 齋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のオキタナゴの言及

【ウミタナゴ】より

…腹に子をもっている晩春が美味とされる。 ウミタナゴ科Embiotocidaeには,ほかにやや深い岩礁にすむオキタナゴNeoditrema ransonnetiがある。ウミタナゴより体高が低い。…

※「オキタナゴ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オキタナゴの関連情報