函館(読み)はこだて

精選版 日本国語大辞典「函館」の解説

はこだて【函館】

[一] (戦国時代、領主河野政道が築いた館の形が箱に似ているところから呼ばれたと伝えられる。箱館と書かれていたが、明治二年(一八六九)箱館戦争後、現在の表記に改められた) 北海道南西部の地名。渡島(おしま)半島南部にあり、津軽海峡を隔てて青森県に対する。寛保元年(一七四一松前藩の番所が置かれて以来、港町として急速に発展。のち幕府直轄地となり、箱館奉行が置かれた。青森と結ぶ青函連絡航路の発着地として知られたが、青函トンネル開通に伴い、連絡船は昭和六三年(一九八八)廃止。北海道の玄関口にあたる。また、かつては北洋漁業基地として栄え、現在も水産加工・造船などの工業が盛ん。大正一一年(一九二二市制
[二] 明治一五年(一八八二開拓使の廃止により北海道に設置された三県の一つ。渡島国後志(しりべし)胆振(いぶり)国の一部とを管轄した。同一九年北海道庁に統合。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「函館」の解説

函館
はこだて

北海道渡島 (おしま) 半島南部,津軽海峡に面する商工業都市
1869年以前は「箱館」と書く。江戸時代に松前藩が置かれ,その支配と幕府の箱館奉行所支配との時期があったが,1854年日米和親条約による開港翌年から幕府直轄領となった。戊辰 (ぼしん) 戦争の際,榎本武揚 (えのもとたけあき) が五稜郭に籠城して官軍に抵抗した(五稜郭の戦い)。1922年市制施行。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

デジタル大辞泉「函館」の解説

はこだて【函館】

北海道南西部の市。津軽海峡に面する。渡島おしま総合振興局所在地。もと江戸幕府直轄領。安政元年(1854)開港。かつて青函連絡船が通じる北海道の表玄関であり、また北洋漁業の基地として発展した。ハリストス正教会・トラピスチヌ修道院・五稜郭ごりょうかく・啄木公園などがある。もと箱館と書いたが明治になり改められた。人口27.9万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android