オキツノリ

海藻海草標本図鑑の解説

オキツノリ

からだは基部近くは円柱状だが上部は扁平した線状。盤状根から叢生し全体は半球状のかたまりとなる。短い間隔で叉状分枝し,平面的に拡がる。枝の長さはほ ぼ同じとなる。体の下部では短い副出枝が両縁から出る事もある。枝の先端は尖る。切片を見ると髄部は細胞壁の厚い無色の円形から多角形の細胞からなる。皮 層は小さな細胞が表面い直角に並ぶ。手触りは硬い。生体は暗紫色〜濃褐色。押し葉標本は台紙につかず黒みがかる。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オキツノリ【Gymnogongrus flabelliformis Harv.】

潮間帯の浅いタイドプールによく群生するオキツノリ科の紅藻(イラスト)。茎は幅1.5~2mmでやや平たい。叉(さ)状に分枝を繰り返して,全体は高さ3~8cmの扇状となる。岩上に伏すように生育するので,体には表と裏がある。北海道南部から九州にかけての日本各地,さらに中国,朝鮮の沿岸に分布する。形の良さから刺身のつまとして使われることがあるが,質が固いため食用にすることは少ない。【千原 光雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android