コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オスナ Osuna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オスナ
Osuna

スペイン南部,アンダルシア州,セビリア県南東部の町。古代イベリア人の集落が起源で,16世紀後半から 18世紀にはオスナ公領の首都として栄えた。公の墓所など,盛時を偲ばせる建造物が多い。主産業は農業であるが,小麦粉,オリーブ油生石灰石膏などの生産も行われる。人口1万 6638 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

オスナの関連キーワードメーザー(Justus Möser)エーリヒ・マリーア レマルクエヴェリン ヘルリツィウスクリスティアン ウルフウェストファリアの講和ケベド・イ・ビリエガスゲルハルト ヒュッシュトイトブルクの森の戦いトラウトマンスドルフハノーファー[地方]ウェストファリア条約ウェストファーレンニーダーザクセン州アシア ジェバールオスナブリュックアンネ シャプレシュトルベルクフォルトラーゲサルダナパロスイェルザレム

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android