コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オスロ・オリンピック冬季競技大会 オスロ・オリンピックとうききょうぎたいかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オスロ・オリンピック冬季競技大会
オスロ・オリンピックとうききょうぎたいかい

ノルウェーのオスロで開催された,第6回オリンピック冬季競技大会。1952年2月14日から 25日まで行なわれ,第2次世界大戦の敗戦国であるドイツと日本も大会に復帰し,30ヵ国から 694人の選手が参加した。オリンピック史上初めてスカンジナビア半島で開催された。また冬季大会では初めて聖火リレーが行なわれた。聖火は近代スキーの父,ソンドレ・ノルハイムの生まれ故郷モルゲダールで採火され,国内をリレーしてオスロまで運ばれた。スピードスケートでは地元ノルウェーのヤルマール・アンデルセンが 3種目を制し「ノルウェーの英雄」とたたえられた。アルペンスキーのアンドレア・ミード・ローレンスは冬季大会で初めてアメリカ合衆国に 2個の金メダルをもたらした。男子フィギュアスケートでは前回サンモリッツ・オリンピック冬季競技大会に続き,アメリカのディック・バットンが優勝した。日本からはアルペンスキーの猪谷千春など,スキーとスケートあわせて 13人の選手が参加した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

オスロ・オリンピック冬季競技大会の関連キーワード大回転

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android