オズグッド=シュラッター病(読み)オズグッド=シュラッターびょう(英語表記)OsgoodSchlatter's disease

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脛骨粗面の骨端炎。両側性のことが多く,脛骨上端の結節部が著しく突出し,正坐や関節運動時に疼痛があり,運動によって悪化する。 10~15歳の少年に多発する。膝関節部の安静をはかり,湿布をすると軽快する。局所麻酔剤や副腎皮質ホルモン剤の局所注射も有効である。運動をやめると痛みは軽減し,数ヵ月から数年で自然に消失する。 R.オズグッド (1873~1956) はボストンの整形外科医。 C.シュラッター (1864~1934) はチューリヒの外科医。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android