コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オゾン層観測 オゾンそうかんそくObservation of the Ozone layer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オゾン層観測
オゾンそうかんそく
Observation of the Ozone layer

オゾン層は成層圏にあるオゾン濃度の高い層のことで,高度 20km程度に最大濃度が観測される。絶対量としてはごく微量ながら,生物に有害な紫外線を吸収して地上の生態系を守っているといわれている。そのオゾン層をフロンガスが破壊するということがいわれて以来,オゾン層の観測が社会的に注目されている。観測方法としては,(1) 地上から太陽光に含まれる (オゾンを吸収する波長と吸収しない波長の) 2波長の紫外線の減衰量の差からオゾン濃度を測定するドブソン分光計,(2) オゾン濃度を化学的に測定する装置を搭載したラジオゾンデ (オゾンゾンデ) ,(3) レーザー・レーダによるオゾン濃度の鉛直分布の測定,(4) 人工衛星から太陽光に含まれる紫外線の反射量を測定する後方散乱紫外線 (BUV) 法 (TOMS:Total Ozone Mapping Spectrometerと呼ばれる) ,などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

オゾン層観測の関連キーワードオゾン層

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オゾン層観測の関連情報