コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オテニエル Otheniel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オテニエル
Otheniel

イスラエル最初の士師。ケナズの子。カレブの弟。彼に関する最初の記事は『ヨシュア記』 15章 15~19であり,彼はデビルを討ち,その報酬としてカレブから,娘のアクサを妻として与えられた英雄として描かれている。また『士師記』3章8~11においても,イスラエルメソポタミアの8年にわたる圧制より解放するために,神によって興された国家の救済者として描かれている。彼は 40年にわたってイスラエルに太平をもたらしたとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android