コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

圧制 アッセイ

デジタル大辞泉の解説

あっ‐せい【圧制】

[名・形動]権力などを使って、他の者の言動を押さえつけたり、人に強制したりすること。また、そのさま。
「そんな―な媒(なこうど)はないわ」〈蘆花思出の記

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あっせい【圧制】

( 名 ・形動 ) スル [文] ナリ 
権力や武力などによって、人の言動を束縛したり、人に強制したりする・こと(さま)。 「因襲の旧法を以て其民を-すること/明六雑誌 28」 「随分-な遣方だね/うづまき

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

圧制の関連キーワードアイヴィ コンプトン・バーネットカール・ヘルベルト シェールスレイマン スターリスキーアメリカにおける民主主義コラ・ディ・リエンツォアレクサンドル[1世]シャロン アレイヘムT. アンゲロプロスフリースピーチ運動ウィルヘルムテルアフリカーンス語ボストン茶会事件ステンカラージン財産権の不可侵シチリアの晩鐘オルミズド4世アルフィエーリルサンティマンエルモーロワスパルタクス

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

圧制の関連情報