コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メソポタミア Mesopotamia

翻訳|Mesopotamia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メソポタミア
Mesopotamia

アルゼンチン北東部,パラナ川とウルグアイ川にはさまれた地域。名称はギリシア語で「川の間の土地」を意味する。南北約 1000km,東西 200~400kmにわたって広がる細長い地域で,面積約 20万 km2。南からエントレリオス,コリエンテス,ミシオネスの3州から成り,北から東にかけてパラグアイ,ブラジル,ウルグアイと国境を接する。パラナ高原に属する北東部のミシオネス州以外は低湿地帯で,ところどころに草におおわれた低い丘陵がある。 16世紀末スペイン人が入植して以来,イエズス会の宣教師などにより開拓が進められ,第2次世界大戦後はブラジル,パラグアイなどのほかヨーロッパや日本などからの移住者が入植。現在同国の重要な農牧地帯となっており,羊毛,牛肉,アマ,米,柑橘類,綿花,タバコなどを産する。パラナ川とウルグアイ川は急流部や砂州が多く,流路もしばしば変るため交通の大動脈としての役割より,むしろこの地域を他地域から孤立させる働きをしてきた。パラグアイの首都アスンシオンとブエノスアイレスを結ぶ鉄道が東部を縦断し,道路網もかなり発達しているが,道路状態は悪い。 1980年代初めにウルグアイ川下流のサルトグランデ,パラナ川上流のアピペヤシレタ両発電所が完成,地域のエネルギー源となっている。

メソポタミア
Mesopotamia

世界最古の文明発祥地の一つ。メソポタミアとは「二つの川 (チグリス川ユーフラテス川 ) の間の土地」を意味するギリシア語。広義のメソポタミアは,北西はトルコの山岳地帯から南東はペルシア湾までを包含し,狭義のメソポタミアは両河川が最も近づく現イラクの首都バグダードを境に北をアッシリア,南をバビロニアと呼んだ地域をさすが,時代によって広義にも狭義にも用いる。前 4500年頃から南部ではエリドゥ,ウバイドの各文化が発展し,北部ではハッスーナ,サーマッラー,ハラフの文化が栄えた。ウルク期にいたって大神殿が建造され,文字が発明された。シュメール人が築いた初期王朝時代には各村落は城壁のある都市国家へと発展し,抗争が激しくなった。ジッグラトをもつ大神殿造営はこの頃から始まった。ウルクのルーガル=ザグギシやアッカドサルゴンは帝国を築いたものの,その後周辺のアモリ人やグティ人の侵入が相次いだ。アッシリアでシャムシ=アダド1世が王国を確立した頃,バビロニアではハンムラビが版図を拡大し始め,一時はメソポタミア全土を支配下に置いた。バビロニアは前 1600年頃ヒッタイトに敗れ,すべてバビロン第2王朝に吸収されたが,まもなく再興したアッシリアのシャルマネゼル1世以降,全地域がアッシリア領となった。その後アラム人ナボポラッサルにより新バビロニア帝国が築かれて,アッシリアを征服したが,前 539年アケメネス朝ペルシアのキュロス2世により敗北。さらにアレクサンドロス3世 (大王) によりヘレニズム文化がもたらされ,パルティア時代を経て,ササン朝ペルシアに支配されるにいたった。 634年アラブ軍に征服されて以来イスラム国家となり,750年アッバース朝創始とともに「アラビア文化」が開花した。その後 1258年のモンゴル軍侵入から 1534年オスマン帝国のスレイマン1世に征服されるまで,この地方の文化は停滞した。 18世紀に入るとヨーロッパ人が進出し,19世紀以降,特にイギリスとフランスがこの地域の近代化に一役買った。 1921年イラク王国が成立。 1958年革命により王制廃止,共和国となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

メソポタミア

西アジアのティグリスユーフラテス両河の流域地方の総称。ほぼ現在のイラクの中心部にあたる。名は元来〈両河の間の土地〉を意味するギリシア語で,〈肥沃な三日月地帯〉の東端にあり,世界最古の文明の発祥地。
→関連項目イラクバグダッドパルミュラマリ(遺跡)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

メソポタミア【Mesopotamia】

イラク,シリアのティグリス,ユーフラテス両河流域地方を指す歴史的呼称で,〈(両)河の間〉を表すギリシア語に由来する。この地域に人類最古の文明が繁栄した。
[地域と風土]
 メソポタミアは,本来的にはバグダード以北の両河流域地方(ほぼアッシリアに対応)を指し,以南を示すバビロニアと対立的に用いられたようである。アラブは狭義のメソポタミアをジャジーラal‐Jazīraと呼んだ。のちにはメソポタミアはザーグロス山脈以西,アラビア台地以東,トロス(タウルス)山脈よりペルシア湾岸に至るまでの両河流域を指すようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

メソポタミア【Mesopotamia】

〔ギリシャ語で「両河の間の土地」の意〕 チグリス川・ユーフラテス川の流域一帯。イラクを中心にシリア北東部・イラン南西部を含む。 〔「米所並大迷亜」とも当てた〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メソポタミア
めそぽたみあ
Mesopotamia

ギリシア語で「二つの川の間」を意味し、ティグリス川とユーフラテス川に挟まれた地域に対して古代ギリシア人がつけた地域名。今日ではより広義に、イラクおよびシリア北部を含む広範囲な地域の呼称としても用いられる。この地域には数万年前の太古にさかのぼる人類の居住址(し)があり、紀元前5000~前4000年には農耕を伴う定住民が現れた。そののちシュメール人が南部の川沿いにウル、ウルク、ニップールなどの都市を建設し、文字使用を含む高度の初期文明を発達させた。ついでセム人が南からきてシュメール人を圧倒し、南方にバビロニア、北方にアッシリアの二大帝国を樹立して強大な勢力を誇った。
 ペルシア人の来襲、ギリシアによるヘレニズム化を経て、後7世紀後半からアラブ人によるイスラム化が進み、言語もシュメール語、アッカド語、アラム語を経て今日では大多数がアラビア語を使用している。この地域は文明発祥の地として、また多様な文明の十字路として知られる。[矢島文夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のメソポタミアの言及

【シリア】より

…古代地理では,北はイスケンデルン(アレクサンドレッタ)湾周辺ないしトロス山脈以南から,南はシナイ半島までを含み,現在のトルコ共和国南東端からレバノン共和国,シリア・アラブ共和国,イスラエル,ヨルダン・ハーシム王国にまたがる地域にほぼ相当した。ギリシア人はシリアに〈山あいの(くぼ地の)koilē〉という形容詞をつけ,〈両河potamosの間meso〉のシリアすなわちメソポタミアと対比させた。 地形は全体として縦割りで,それぞれ,しばしば非常に狭まる海岸平野,その東側の丘陵・山岳地帯,そして,オロンテス川流域,ティベリアス(ガリラヤ)湖,ヨルダン川,死海,アラバ涸れ河などからなる,海面下に達する深い地溝,さらにその東側のシリア砂漠に続く高原地帯を特徴とする。…

※「メソポタミア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

メソポタミアの関連キーワードシン(メソポタミアの神)ニナ(メソポタミア神話)ナーディル・シャーハッジ・ムハンマドトゥルダシュ文化シュメール美術バビロニア神話アッシリア美術古代東方音楽チョガ・マミキュービット光は東方からギルガメシュウバイド文化アッシリア語バビロニア語バッターニーシャマシュシストルムオリエント

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

メソポタミアの関連情報