オテル・ド・マティニヨン(英語表記)Hotel de Matignon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オテル・ド・マティニヨン
Hotel de Matignon

パリにあるフランス・ロココ様式を代表する邸館。パリに多くの住宅を造った建築家 J.クールトンヌの設計で,1721年着工,翌年に完成。門に続く中庭側と裏の庭園側との主軸をずらし,これを利用した巧みな平面構成を行なっている。シンプルな外観のなかに優雅で洗練された室内を造りだしており,今日にロココ時代の雰囲気を伝える貴重な遺構。現在はフランス首相官邸として用いられている。 (→ロココ美術 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android