コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オデナトゥス Septimius Odaenathus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オデナトゥス
Septimius Odaenathus

[生]?
[没]267/268
隊商都市パルミラの支配者。ラテン名セプチムス。パルミラ語ではオダイナット。在世中パルミラはすでに 200年の歴史をもっていたが,商業貴族としてパルミラの指導的立場を獲得。ササン朝ペルシアとローマの対立に乗じて富を築き,ローマの市民権を得た。260年ローマ皇帝ウァレリアヌスがササン朝のシャプール1世によって捕虜となったとき,ローマ軍に代わってシャプールと戦った。またエメサで帝位僭称者クイエツスを破り,ガリエヌス帝から「全オリエントの統治者」の称号を授けられた。その後オデナトゥス自身「諸王の王」を称し,メソポタミアまで攻め込んだ。しかしローマのために全オリエントを回復したとき,妻ゼノビアによって長男ヘロデスとともに暗殺されたといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

オデナトゥスの関連キーワードササン朝ペルシア

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android