コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャプール1世 シャプールいっせいShāpūr I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャプール1世
シャプールいっせい
Shāpūr I

古代イラン,ササン朝の王 (在位 241~272) 。アルダシール1世の子。東はアフガニスタン,西はアルメニア,北はアムダリア (オクソス川) にわたる地域を領有して,「イラン人および非イラン人の諸王の王」と称し,王朝権力を拡大,強化した。しばしばローマ帝国と戦い,260年にはローマ皇帝ウァレリアヌスを捕虜とした。その勝利を記念し,ナクシェ・ロスタムなどの岩壁に浮彫を残している (→ナクシェ・ロスタム遺跡 ) 。ビシャプール (→ビシャプール遺跡 ) ,グンデ・シャプールなど多くの都市を建設し,フージスターン地方の灌漑工事にはローマ兵捕虜の技術を利用した。宗教的には寛容政策をとり,ゾロアスター教の復活に意を注ぐと同時に,マニ教,キリスト教,仏教をも保護した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シャプール1世の関連キーワードナクシェ・ラジャブオルミズド1世シューシュタルササン朝美術オデナトゥスバフラム1世クシャン朝ハトラ

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android