コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャプール1世 シャプールいっせいShāpūr I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャプール1世
シャプールいっせい
Shāpūr I

古代イラン,ササン朝の王 (在位 241~272) 。アルダシール1世の子。東はアフガニスタン,西はアルメニア,北はアムダリア (オクソス川) にわたる地域を領有して,「イラン人および非イラン人の諸王の王」と称し,王朝権力を拡大,強化した。しばしばローマ帝国と戦い,260年にはローマ皇帝ウァレリアヌスを捕虜とした。その勝利を記念し,ナクシェ・ロスタムなどの岩壁に浮彫を残している (→ナクシェ・ロスタム遺跡 ) 。ビシャプール (→ビシャプール遺跡 ) ,グンデ・シャプールなど多くの都市を建設し,フージスターン地方の灌漑工事にはローマ兵捕虜の技術を利用した。宗教的には寛容政策をとり,ゾロアスター教の復活に意を注ぐと同時に,マニ教,キリスト教,仏教をも保護した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シャプール1世の関連キーワードナクシェ・ラジャブオルミズド1世シューシュタルササン朝美術オデナトゥスバフラム1世クシャン朝ハトラ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android