コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オトメガサ オトメガサ Scutus sinensis; shield shell

1件 の用語解説(オトメガサの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オトメガサ
オトメガサ
Scutus sinensis; shield shell

軟体動物門腹足綱スソキレガイ科。殻口長 4.5cm,殻口径 2.2cm,殻高 0.5cm。殻は白色,堅固,長楕円形の浅い笠形で,前端は浅く湾入し,殻頂はやや後方へ寄る。軟体は黒色または飴色で大きくて軟らかく,背側の殻を外套膜がおおっているので,生時は一見ウミウシ類のようであるが,頭が明らかで,1対の触角をもち,その基部外側には眼がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オトメガサの関連キーワード多板類頭足類軟体動物有肺類後鰓類前鰓類象水母軟体類ツノガイ(角貝)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone