コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オトメガサ Scutus sinensis; shield shell

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オトメガサ
Scutus sinensis; shield shell

軟体動物門腹足綱スソキレガイ科。口長 4.5cm,殻口径 2.2cm,殻高 0.5cm。殻は白色,堅固,長楕円形の浅い笠形で,前端は浅く湾入し,殻頂はやや後方へ寄る。軟体は黒色または飴色で大きくて軟らかく,背側の殻を外套膜がおおっているので,生時は一見ウミウシ類のようであるが,頭が明らかで,1対の触角をもち,その基部外側には眼がある。北海道南部以南,西太平洋の潮間帯の岩礁の間にすむ。沖縄以南には,殻表にさざなみ状のひだがあるリュウキュウオトメガサ S.unguisが分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報