コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウミウシ(海牛) ウミウシ sea slug

翻訳|sea slug

2件 の用語解説(ウミウシ(海牛)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウミウシ(海牛)
ウミウシ
sea slug

軟体動物門腹足綱の後鰓類 Opisthobranchiaに属する種類のうち,殻を欠いたものの総称。体はナメクジ状に細長い種類が多く,体表は外套でおおわれる。頭には1対の触角があるが,その前方にもう1対の頭触手を有するものもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ウミウシ【ウミウシ(海牛)】

殻を失った巻貝類で海産。後鰓(こうさい)類の中の主として裸鰓類がこれに属する。ナメクジのような形なので英名ではsea slugという。体は細長形より楕円形で前後に長く,色彩の美しい種が多い。多くは頭部に1対の触角があり,これも色鮮やかなことが多い。これを角に見立ててウミウシと名付けられた。 体表はアオウミウシHyselodoris festiva(イラスト)のように青色で滑らかな種もあるが,またミノウミウシAeolidiella takanosimensis(イラスト)のようにみのを着たように背上に多くの突起が並んだ種もあり,ムカデメリベMelibe vexilliferaイラスト)は背上の突起がとくに大きく,ちぎれやすいが再生もする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウミウシ(海牛)の関連キーワード外套膜鰥寡鰥寡孤独後鰓類発光細菌浪士巻貝青木浩斎小田昂斎増田甲斎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone