コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オナガバチ おながばち

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オナガバチ
おながばち / 尾長蜂

昆虫綱膜翅(まくし)目ヒメバチ科の一群の寄生バチの総称。体長20~40ミリメートルの大形で、体よりも長い産卵管をもつのでこの名がある。体は赤褐色ないし黒褐色で、多数の黄色の斑紋(はんもん)がある美しいハチである。日本ではオオホシオナガバチ(別名モンオナガバチ)Megarhyssa japonica、オオアメイロオナガバチM. groliosa、ジョウザンオナガバチRhyssa jozana、シロフオナガバチR. persuasoriaなどが知られている。これらのオナガバチは木材害虫のキバチ類の幼虫に寄生する有益な天敵で、日本の林木生産に隠れた貢献をしている益虫である。シロフオナガバチの雌バチは、幹の表面から長い産卵管を突き立て、材中の坑道に潜むニホンキバチUrocerus japonicusの幼虫に産卵する。[平嶋義宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のオナガバチの言及

【生物群集】より

…これを反映して,カワムツは昆虫食に著しくかたよった雑食,関東のオイカワは雑食,関西のオイカワは藻類食にかたよった雑食となっている。樹木の材を食うヒラアシキバチに寄生する3種のオナガバチの例になると,産卵管の長さは互いにほとんど重ならないぐらい違っていて,異なった深さの場所にいるキバチの幼虫をうまく分けて産卵する。どのようにしてこのような差が生じてきたかはまだ明らかになっていないが,近縁の種が共存する地域では,互いに著しく離れた形態を示す例はすでに多く見つかっており,こういう現象は一般に形質置換と呼ばれている。…

※「オナガバチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オナガバチの関連キーワードオナガバチ(尾長蜂)産卵管

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android