コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オニソテツ Encephalartos villosus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オニソテツ
Encephalartos villosus

ソテツ科の樹木で南アフリカ原産。は短く肥厚し高さ 2mほどで,上部は灰色の綿毛におおわれている。羽状に深く裂けた葉は幹の頂部に集ってつき,長さ 1m以上,葉の各裂片は線形である。雄花,雌花ともに長楕円形でみかん色。球果は朱紅色に熟する。オニソテツ属は熱帯アフリカおよび南アフリカに 20種ほど知られ,幹の中心に含まれるデンプン先住民が食用にする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のオニソテツの言及

【ソテツ(蘇鉄)】より

…初め,シダ類のシシガシラ属の1種として記載された。アフリカにはオニソテツ属Encephalartosとシダソテツ属Stangeriaの2属がある。前者は南ア,コンゴ民主共和国,ケニア,ザンビアに約30種が知られ,幹は径60cmほどの塊状で,葉にはとげ状の鋭い突起がある。…

※「オニソテツ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

オニソテツの関連キーワードソテツ科

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android