コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オニテナガエビ Macrobrachium rosenbergii; giant freshwater prawn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オニテナガエビ
Macrobrachium rosenbergii; giant freshwater prawn

軟甲綱十脚目テナガエビ科 Palaemonidae。体長 25cm以上になる大型の淡水エビで,テナガエビ科の最大種。額角の上縁には 11~13歯(頭胸甲上に 2~3歯),下縁には 10~11歯がある。雄の第2胸脚は長大で,全面がとげで密に覆われ,また,可動指の上縁には軟毛がある。一様に地味な灰緑色であるが,第2胸脚は青色を帯びる。台湾から東南アジアを経てインドまで,大きな河川の中・下流域に生息する。分布域内の各地で重要な食用種となっており,特にタイでは大規模な養殖が行なわれている。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のオニテナガエビの言及

【テナガエビ(手長蝦)】より

…沖縄にはミナミテナガエビM.longipes(体長10cm)やコンジンテナガエビM.lar(体長15cm)が多い。また,フィリピン以南の各地では,体長30cmにも達するオニテナガエビM.rosenbergiが重要種で,養殖も行われている。いずれも食用となる。…

※「オニテナガエビ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オニテナガエビの関連キーワード甲類

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オニテナガエビの関連情報