オノーフリ(読み)おのーふり(英語表記)Arturo Onofri

日本大百科全書(ニッポニカ)「オノーフリ」の解説

オノーフリ
おのーふり
Arturo Onofri
(1885―1928)

イタリアの詩人ローマ生まれ。伝統詩と決別し、パスコリマラルメ、黄昏派(クレプスコラーリ)、断片詩(フラメンターレ)、『ボーチェ』誌などとかかわりながら、一貫して詩語を追求。それは詩集『オルケストリーネ』(1917)として開花した。イメージとしての詩語は、しだいに物、宇宙との神秘的調和を求める、創造者としてのことばの世界へと向かった。『銀のらっぱ』(1924)が代表作。晩年の8年間、赤十字社で働いた。

[望月紀子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android