コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オフィル Ophir

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オフィル
Ophir

旧約聖書で金の産地として語られる地名。ソロモンの時代に,金,象牙,サル,クジャクビャクダンの木などをこの地から運び出したという (列王紀上9・28,10・11) 。東アフリカ,東方,アビシニア (エチオピア) ,アラビア諸説があるが確定できない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

オフィルの関連キーワードポリエチレンテレフタレートL.ジュディット ゴーチェヤブレガサウラボシ類ギュスターヴ コエンアントワーヌ アダンレッドコンプレックスクオラムセンシングバイオテクノロジーテオフィルの奇跡ステンドグラスカーネーション絵画論・絵画史カマ カマンダバイオフィルムタイヨウチュウミカエル3世ジュアンドー11月10日ムータシム聖画像論争

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android