オフィル(英語表記)Ophir

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オフィル
Ophir

旧約聖書で金の産地として語られる地名。ソロモンの時代に,金,象牙,サル,クジャクビャクダンの木などをこの地から運び出したという (列王紀上9・28,10・11) 。東アフリカ,東方,アビシニア (エチオピア) ,アラビア諸説があるが確定できない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android