コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オフサルモメーター ophthalmometer

1件 の用語解説(オフサルモメーターの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オフサルモメーター【ophthalmometer】

角膜表面の曲率半径,乱視の軸角度,乱視度などを測定する装置。眼球は不随意にも運動するので,目盛板の角膜表面で作られる反射像の大きさを直接読み取り,上記測定を行うことは困難である。このためH.ヘルムホルツは1853年,分離像を用いる方法を初めて開発した。分離像の作り方が異なる各種の装置が作られているが,図はその一つの例である。光源,反射鏡,コンデンサーレンズ(集光レンズ)によって,円の外側に+,-などの四つの記号がついた指標を照明する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オフサルモメーターの関連キーワード球面計曲率円曲率半径乱視球差正乱視不正乱視毛管圧の式ラプラスの法則(心筋)子どもの乱視

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone