コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オフサルモメーター ophthalmometer

世界大百科事典 第2版の解説

オフサルモメーター【ophthalmometer】

角膜表面の曲率半径乱視の軸角度,乱視度などを測定する装置。眼球は不随意にも運動するので,目盛板の角膜表面で作られる反射像の大きさを直接読み取り,上記測定を行うことは困難である。このためH.ヘルムホルツは1853年,分離像を用いる方法を初めて開発した。分離像の作り方が異なる各種の装置が作られているが,図はその一つの例である。光源,反射鏡コンデンサーレンズ(集光レンズ)によって,円の外側に+,-などの四つの記号がついた指標を照明する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android