コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オフショア開発 オフショア カイハツ

3件 の用語解説(オフショア開発の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

オフショア開発

システムの開発や運用管理業務を海外の会社に委託すること。主な委託先として中国、インドなどが挙げられる。オフショア開発は、人件費を中心としたコストの削減が目的だが、文化の違いやコミュニケーション不足、人材の流出、といったトラブルが問題になっている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

オフショア‐かいはつ【オフショア開発】

offshore development》コンピューターシステムの開発・運用・保守・管理などを、人件費の安い海外の企業に委託すること。→分散開発

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビジネス用語集の解説

オフショア開発

オフショア(offshore)は「沖にむかって」という意味の言葉で、ビジネスで使う場合「域(国)外での」という意味になります。

オフショア開発というと、システムの開発・運用管理などを海外にある企業や子会社へ委託することをいい、現在、オフショア開発の依頼先として、中国がもっぱら利用されています。

日本企業が製造業の生産拠点を中国へ移す中、現地でのシステム開発が必要になることや、日本に比べ安い報酬で優秀なSEを採用できることなどから、日本向けのシステム開発拠点としても注目を集めています。

中国のほかにも、インドやフィリピンなどもオフショア開発の受注先になっており、製造業がフィリピン、マレーシアなど労働力が安価な地域へ工場を移転しているように、システム開発でも同様の地域へ委託しているといえるでしょう。

出典|転職.jp
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オフショア開発の関連キーワードオフショア市場オフショア生産オフショアオフシーンJOMオフショア金融オフショアセンターオフショアファンド東京オフショア市場東京オフショア市場(JOM:Japan Offshore Market)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オフショア開発の関連情報