オフショア(読み)おふしょあ(英語表記)off shore

知恵蔵の解説

オフショア

ショアとは海・湖・沼などの岸。そこからオフ(離れて)で、海の場合は沖合の意味。ただし、乗合船での五目釣り(多種の魚を目的とする釣り)など、旧来沖釣りで使うことは少なく、船上からルアーやフライで狙うゲームフィッシングで使われる。このゲームフィッシングでは、釣り糸をライン、針をフック、魚が針掛かりしたことをヒット、フィッシュなど、好んで外来語を使う傾向がある。

(森田秀巳 アウトドアライター / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

FX用語集の解説

オフショア

オフショアとは地から離れた沖合いという意味で、オフショア取引とは、非居住者から調達した資金を非居住者に貸し付けるなど、原則として運用・調達とも非居住者と行なう取引のことをいいます。そのように、自国の国内市場とは区分して、外国との取引のみを行なう市場を、オフショア市場といいます。

出典 (株)外為どっとコムFX用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

オフショア【offshore】

他の語に付いて、海外での、域外の、の意を表す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オフショアの関連情報