オメガトロン

  • omegatron

化学辞典 第2版の解説

小型で比較的感度の高い質量分析計で,超高真空(10-9~10-7 Pa)中の残留ガスの分析などに使用される.イオンが均一磁場H中でそれに垂直方向に周波数 ωc の高周波電場を印加されると,

ωceH/m
の条件に適合したm/eのイオンだけが高周波のエネルギーを吸収して,サイクロトロン共鳴を起こし加速され,その円軌道が広がる.この原理にもとづき,J.A. Hippleらが1951年に開発した.原理図の右は磁場の方向に垂直な断面,左図は磁場方向の断面図である.高周波の周波数は100 kHz から数十 MHz で,その電圧は数 V 以下である.これらの電極を3 cmφ内外のガラス管に入したものである.[別用語参照]イオンサイクロトロン共鳴質量分析計

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android