コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

質量分析計 しつりょうぶんせきけいmass spectrometer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

質量分析計
しつりょうぶんせきけい
mass spectrometer

広義には物質を分子や原子などの荷電粒子に変えて,それらを質量電荷m/e によって分離し,質量スペクトルとして検出する機器。原理的には,イオン源,分析部,および検出系から成るが,実際の装置では試料導入系とデータ処理系も重要である。真空中を運動させた荷電粒子やイオンの軌道は適当な電場 (エネルギーに対して) や磁場 (運動量に対して) ,またはその両者の組合せにより,イオンの m/e によって分離できる。イオンビームに対して磁場を適切に配置すれば,イオンは m/e ごとに分散するばかりでなく,特定 m/e イオンごとに集束できる。イオン光学の発展によって,原子質量単位の 1000分の1程度以下の微小質量差も区別して検出可能となっている。質量分析器では,乾板などで分散集束した各イオンを同時に検出する。これは一般に高分解能質量スペクトルやイオン強度の時間的変化が著しい場合に有利である。これに対して狭義の質量分析計では,分離した諸イオンを次々に走査して電気量として検出する。これはイオン相対強度 (同位体比など) の精密測定に有利である。歴史的には J. J.トムソンによるパラボラ型陽極線分析器が実用化の最初である。現在では磁場偏向 (単集束) 質量分析計,電場と磁場を組合せて方向だけでなくエネルギーの広がりも許容できる二重集束質量分析計,イオンサイクロトロン共鳴質量分析計,四極子に静電場高周波電場を重畳させるマスフィルタ,粒子速度を測定して質量を決定できる飛行時間型質量分析計などの種類がある。またガスクロマトグラフィーと直結させた装置がある。一般に装置は比較的大型となるが,宇宙空間や惑星試料分析用としてロケットに搭載可能なほど小型にもできる。真空漏れ発見に使用するものはリークデテクター,また同位体など物質分離に使用するものは質量分離器という。イオンマイクロアナライザーやマスアナライザーも質量分析計の一種である。 (→質量分析 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

質量分析計【しつりょうぶんせきけい】

質量分析器の一種で,イオンの存在比を測定する装置。質量分析器が磁場により質量別に分離したイオン流を写真乾板に受け質量スペクトルを直接撮影するのに対し,質量分析計では集イオン電極にイオン流を受けその電流強度を測定し存在比を決定するもの。
→関連項目質量スペクトル定量分析

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

質量分析計

 試料をイオン化し,質量/電荷に従って分離して,分離されたものを電気的に検出する機械

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典内の質量分析計の言及

【重量分析】より

…また質量測定には限界があり,あまり微量の成分の定量には有効ではない。 質量分析計mass spectrometerは電場,磁場を用い物質のe/m(電荷と質量の比)を利用して定量する方法であるが,イオン電流として信号を取り出すことができるので,最近は微量ないし超微量の成分を測定する絶対分析法として利用されるようになった。【綿抜 邦彦】。…

※「質量分析計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

質量分析計の関連キーワードガスクロマトグラフィーマスフラグメントグラフィーロゼッタ(彗星探査機)K. ベインブリッジ四重極質量分析計赤外線分光分析医用質量分析計マススペクトルメタボローム宗宮 尚行トレーサー年代測定神原秀記古生物学気体反応地史鑑定化学

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

質量分析計の関連情報