コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

断面図 だんめんずcross section drawing; profile

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

断面図
だんめんず
cross section drawing; profile

地質や地形などの断面形を表わした横断面 (対象の延長方向に直角な向きの断面) の断面図が多いが,線状的な河川などでは縦断面図もつくられる。断面図は特に地形や地質の断面方向の特徴や配置状況,道路,鉄道などの縦断勾配,河川の縦断勾配と傾斜変換点,土地利用の垂直分布や植生の比高差による変化などを判読するのに必要な手段として利用される。一般の地図では表現不可能な断面方向の形態を表わすもので,地質図などではそのような情報を補足する必要からよく断面図を付している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

だんめん‐ず〔‐ヅ〕【断面図】

建物や物品などを垂直に切ったと仮定して、その断面を表した図。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

断面図【だんめんず】

製図において,物の見えない部分を示すため,その部分を切断したと仮定し,切断部の形状で示す図示法。物の基本中心線で切断する全断面図,基本中心線の片側だけを切断する半断面図,合成切断面で切断する階段断面図,一部分だけを破って示す破砕断面図などがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

だんめんず【断面図】

製図で、物体を一つの平面で切断したと仮定して、その内部構造をかき表した図。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の断面図の言及

【建築製図】より

…(1)(2)は機械製図でも,その対象とするものによってはあてはまるが,(3)の特徴は機械製図には見られないものである。
[表示方法]
 第1の特徴,すなわち三次元の立体あるいは空間を平面上に示す方法として,立面図,断面図,平面図,あるいは透視図,等測投影図などがある。立面図は,建物の立面をそれに平行な平面に投影した図であって,建物外面各部の高さと幅が示されるが,奥行きは示されない。…

【製図】より

…そこでこのような場合には,その品物を切断して,内部の形状が外形線(実線)で表せるようにすれば明りょうな図が得られる。このように品物を切断してその断面の形状を表した図を断面図という。断面図は図4-aに示すように,基本中心線で切断した面で表すのがふつうであるが,必要があれば基本中心線でないところで切断した面で表してもよく(図4-b),また一直線でなく折れ線や階段状の線で切断してもよい(図4-c)が,この場合には切断した位置を示しておくことが必要である。…

※「断面図」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

断面図の関連キーワードコンピュータ・グラフィクスブロックダイアグラム国際地理オリンピックソレノイド(気象)コールド・ドーム設計図書[建築]クロスセクションバランス断面図合金の状態図ジェット気流実体図化機地質柱状図地質断面図高層断面図CAD高層天気図試錐柱状図セクション光造形法数値地図

断面図の関連情報