コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オヤマノエンドウ(お山の豌豆) オヤマノエンドウOxytropis japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オヤマノエンドウ(お山の豌豆)
オヤマノエンドウ
Oxytropis japonica

マメ科多年草。本州中部地方の高山の草原や砂礫地に生える。根は木質化して太く伸長する。茎は高さ5~10cmになり,基部はやや木質化して枯れた葉柄托葉でおおわれる。葉は奇数羽状複葉で密につき長さ 2.5~5cm,葉柄は葉のほぼ半分の長さで白色毛を散生する。小葉は4~7対あり,狭卵形で先端鋭く,長さ5~10mm。両面に軟毛,縁に絹毛がある。6~8月,葉腋から出た長い柄の先に紅紫色の花を1~2個つける。花の基部に長楕円形の包があり,小花柄とともに黒色毛が生える。旗弁は大型で基部に白斑がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android