コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オランダ音楽 オランダおんがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オランダ音楽
オランダおんがく

音楽では通常オランダをネーデルラントの名で呼ぶ。 15世紀に多数のポリフォニー音楽の大家たちを輩出,アグリコラオブレヒトの名は有名。彼らはミサ,モテトシャンソンのなかに,この地の豊富な民謡を素材として利用した。 16世紀に入ってカルバン派新教の伝来,弾圧とともに音楽も変遷。 17世紀オルガン音楽の繁栄はオランダ音楽の最大の特徴となり,「ドイツ・オルガニストの祖」とうたわれる J.P.スウェーリンクを生んだ。 18世紀,アムステルダムはヨーロッパの楽譜印刷の一大中心地となり,ロカテッリやヘレンダールが活躍したが,その後 19世紀前半までドイツ音楽の影響下におかれ,音楽的には不振となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

オランダ音楽の関連キーワードピーテル ウィスペルウェイゾルターン コチシュミレッラ フレーニ