コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルシコン orthicon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オルシコン
orthicon

低速度電子ビーム走査方式による撮像管の一種。ターゲットはアイコノスコープと同様な構造をもっているが,光電子の収集方式に改良が加えられ,電荷の蓄積がよいのでアイコノスコープより感度がすぐれている。しかし同じ低速度電子ビーム走査方式によるイメージオルシコンビジコンなどに比べて解像度や感度が劣るため現在ほとんど使用されていない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

オルシコンの関連キーワードエレクトロニクス史(年表)テレビジョン史(年表)二次電子増倍管テレビカメラ電子用ガラスプランビコン特殊ガラス陰極線管電子管映像管電子銃蓄積管光電流

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android