コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルトケイ酸 おるとけいさん

世界大百科事典内のオルトケイ酸の言及

【ケイ酸(珪酸)】より

…ふつうはオルトケイ酸H4SiO4を指すが,メタケイ酸(H2SiO3)nのほか各種の形式の酸,あるいはxSiO2yH2Oであらわされる無定形不定組成の水和二酸化ケイ素を含めた総称として用いられることもある。オルトケイ酸は,四ハロゲン化ケイ素を加水分解するか,オルトケイ酸アルカリを塩酸で処理し,生成物をエーテル,ベンゼンなどで洗浄し乾燥すると無色粉末状の化合物として得られるが,純粋にH4SiO4のみを得るのはむずかしく,H2SiO3,H2Si2O5などが混入する。…

※「オルトケイ酸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オルトケイ酸の関連情報