コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オレホボズーエボ Orekhovo-Zuevo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オレホボズーエボ
Orekhovo-Zuevo

ロシア西部,モスクワ州の都市。モスクワの東約 90kmにあり,クリャジマ川にのぞむ。 18世紀に絹織物,綿糸加工の工房が集っていたところで,ロシアにおける繊維工業中心地として,ロシア経済史や労働運動史のうえでよく知られている。 1917年オレホボ,ズーエボ,ニコリスコエなどの繊維工業村が合併して市となった。現在も繊維工業 (綿布,絹織物) の中心地で,ほかに化学,機械などの工業がある。教育大学があり,モスクワとウラジーミルを結ぶ鉄道が通る。人口 12万620(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android