コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーストフランデレン州 オーストフランデレンOost-Vlaanderen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オーストフランデレン〔州〕
オーストフランデレン
Oost-Vlaanderen

フランス語ではフランドルオリアンタル Flandre Orientale (東フランドル) 。ベルギー北西部,フランドル平野の東半を占める州。州都ヘント。オランダ語地方に属する。西ヨーロッパでも最も古くから開発された地域の一つで,かつてはフランドル伯領の一部。中世の毛織物工業や交易の中心地であった。ヘント,アールストアウデナールデなどには織物のほか,金属加工,肥料,皮革,ガラス器などの工業が発達。農業はスヘルデ川の沖積地や南部の肥沃な地帯で行われ,カリフラワー,トマト,テンサイ,アマ,ホップ栽培などの混合農業のほか,輸出用の観葉植物,花卉などの園芸も盛んで,労働集約的小規模経営が多い。ウシ,ブタの飼育も広く行われる。面積 2982km2。人口 133万 5793 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

オーストフランデレン州の関連キーワードフランドル伯の城シントニクラスローケレンロンセ

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android